噛めること、食べられることの幸せをもう一度。

親知らずの抜歯

親知らず抜歯の必要性

 生活様式の変化で顎骨は退化傾向(小さくなる)にありますが,一方で歯の大きさは大昔と変わらずむしろ大きくなる傾向にあると言われています.そうすると狭い土地にそれより大きな家を建てるような状態になり,最後に生えてくる親知らず(第3大臼歯)の萌出余地が少なくなります.このような状態は親知らずが埋伏したり,生える位置異常を招き隣の歯の虫歯(う蝕)さらに歯肉炎(智歯周囲炎)や歯槽骨炎,ひどくなると顎骨炎を引き起こします.いったんこのような炎症を起した歯は繰り返し腫れるので抜歯が必要です.

 必要性をまとめてみますと,①第二大臼歯のう蝕予防,②歯周病予防,智歯周囲炎(歯冠周囲炎)およびそれに引き続く顎炎の予防,⑤歯列不正予防,などがあげられます.

診療受付時間

午前 09:00〜11:30
午後 13:30〜17:30

水曜は午前中のみ診療

日曜・祝祭日は休診

一般歯科治療

 
午前
午後 ×

口腔外科

歯科インプラント治療

 
午前 ×
午後 ×

△は隔週診療です。診療はご予約はお電話でお願いします。(TEL:045-321-1893)

休診日

水曜午後,日曜,祝祭日

医院案内

〒220−0051神奈川県横浜市西区中央2−21−9

> 詳しくはこちら

お問い合わせ

TEL:045-321-1893
FAX045-321-1893

> メールからのお問い合わせ